「恋心」は鮮度を保つのがむずかしい

「恋」のシーソーをする中で、「私たち」としてのバランスを保つ点を見つけだせたのが幸運なことであって、人はなかなか「私たち」を維持できないし、「私たち」になれない。それくらい人は「私」に秘管せざるをえない だ。「即日であることは、笹川庁ところ、「ね〕院外より「私」を優先させるということだろう。そもそも生きるという欲求には、他の生物を殺生してもそのエネルギーを自分に取り込んでいくような、利己的な面がふくまれている。現実に、人はこの社会で第一に自分の利益を追求していかなくては自立できない。だからこそ、めったなことではなしえない「自己犠牲」は、人々にたたえられるのだ。
だとしたら、そんな「私」に固執する人聞が、同様の他者と、「私たち」になるのがどれほど大変なことかわかるだろう。「私たちモ lド」はめったなことでは到達できない幸福である。同時に、小さな地震ひとつで土台が揺らぐような危うい状態なのだ.
魔法ほど強力なものはな人の心はうつろいやすい。
新しい出会いが結婚相談所 比較 で、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。

あるいは、相手のいやなところを知ることで、「好感」が「嫌悪」に一反転してしまうこともよくある。
「恋心」は鮮度を保つのがむずかしいし、ふとしたきっかけですぐ変色してしまうものだ。ゆえに、人は「恋愛」に「切なさ」を抱かずにはいられない。それはやがて終わつてしまうのだというあきらめにも似た思いが、その多帯感にい以っているときですら、悲しきゃさびしさを呼び込んでしまうのだ。それはどこか、桜の花を愛する気持ちと卸ている。「底」もそのはかなさこそが、自らを美しくしている。そして「恋宮」に別れが最初から折り込まれていることが、「恋心」を求めずにはいられないW来にしている。航れが決まっているからこそ、「お釣」は赤く山吹き誇るのである。
EC158_L

Comments are closed.