「恋愛」は別かれとは切っても切れない

そういう痛みにも似た、けれどどこか甘く、胸の奥を刺激するような感覚が、「恋」「恋愛」を色やつけている。「切なさ」がないただの「恋愛」と呼ぶに「つき合い」は物足りないだろう。「恋」を「恋」らしくするスパイスだ。
「恋愛」にその影が濃厚なのはどういう理由なのだろう。
カレーをカレ lたらしめるタ メリックみたいに、友情に「切なさ」がないとはいわないけど、「恋」が報われなければ当然、悲しいし、さびしい。だけど、好きな人のことを思うとそれだけで夢心地にもなる。その痛みと心地よきがないまぜになった境地に、切なさ」はしみ出してくる。しかし、思いを告白して、相手も自分のことを気に入ってくれてつき合うことになったとしても、「切なさ」はかたわらにいつも存在している。彼女が自分を愛していてくれるのはわかっているのに、その胸の奥でうずく痛みは、どうしてか消えない。それは、心のどこかで「恋」が終わってしまうものだということを、みんな感じているからかもしれない。航れの予感。「恋愛」にはそれが常につきまとっているのだ。
コミュニケーションは大切です。←で、出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

歌手、中島みゆきの名曲「わかれうた」にこんな一節がある。
わかれはいつもついて来るそれが私わたしのクセなのかも幸固めせ覚ざのめ後れろぱを独 2つ「恋愛」といってもいいくらい、「恋愛」は別わかれとは切っても切れない。
互いが互いの「資源」を共有している感覚を得られるといったけど、それはいいかえると、「私」が、「私たち」として生きている幻想だろ
う「私」という自我を持っているが、「恋愛」の魔法がかかると、「私」「恋人」がいなくては「私」でないようなモそして「私たち」
(一日中そうなるわけではないにしても)。
EC160_L

Comments are closed.