「恋愛」は別れが最初からそこにプログラムされた物語

「失恋」は、キミの心の奥行きを広げる。自分の心の痛みを通じて、他の誰かが同じような思いをしていることを想像できるはずだ。大切にしていた人を失ったら、愛する人と過ごす時間がどれほどすばらしく、自分の日々を豊かにする経験なのか思い知るだろう。そうしたら、次に出会う人のことは、もっと大事にしようと思うし、自分がもっと釦されるように艇かがしなければならないとも考える。人は、そのように、孤独を知って初めて、他人との関係を編み上げていくことの意味を考えるし、宮することの重大さを心に深く野む。そう、配阪は人を大にする、といっていい。
夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→結婚相談所を比較 相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

これから、キミも、愛する人と別れることに打ちひしがれる経験を何度もするだろう。けれど、キミの心の傷が深ければ深いほど、それはキミがその人を真剣に愛したということだ。痛みはその証明であり、それに耐えることは、キミが次の「恋」に出会うための試練だろう。その苦しさは逃のがれようとせず、正面から受け止めてほしい。ぼくには、それしかいえない。
「恋愛」は別れが最初からそこにプログラムされた物語だ。しかし、「切なく」人の心を魅了する。それでも人は、別れに向かってゆめみ
のだ。あの奇跡のような瞬間を夢見て。
永遠に満たされぬ孤独の影に怯えながらいつか来る輝きを求め人は歩き続ける待復う悲しみもやり切れぬ矛盾もこの空に浮かぶ空しさも時聞が忘れさせてくれる
「恋愛」のやり方に正解はない
明治時代から昭和にかけては、ほうから見初めた相手に思いを打ち明けて、おもに男性の相手の了解を得て、デートを繰り返す。
ふたりの気持ちが高まれば、必っぷん手をつないだり、せいぜい控吻(キス) をするが、結婚まではセックスはしない。 思いがかたまったら婚約を交わし、そこで初めてセックスは経験するものだった。は、それがあるべきつき合いだとされていた
現在の日本人の六十代くらいまで。
EC160_L

Comments are closed.