多くの「恋愛」は「恋愛」ではなくなってしまう

多くの「恋愛」は「恋愛」ではなくなってしまうし、にちじよううしなに感じていたような「ときめき」は大方、日常の中で失われてしま
ゆえの緊張感は、もっとリラックスした心地よきに変質する陳腐ちんぷな安心感になり下がってしまう)。
結婚によってふたりの関係は続くけど、内実は変化してしまうのだ。的ではあるけど、変容するからこそ、ふたりの紳は維持され、その結びつきを強くするという面がある。結婚は「恋愛」を日常の中に着地させ、別のものとして定着させるのだ。そうでなければ、「私たちモ 」は安定しないし、毎日がお祭りだったら人は日常生活を営めないのだ。
さらにいえば、そのときの「恋愛」はそのときのものでしかない。
仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→ 素敵な出会いを見つけてください。

たとえ、関係」が続いていて、その高揚がキ!プされていたとしても、数年前のふたりはもうそこにいるふたりとは違う。過去のふたりはそのときのふたりでしかなく、そこにあった思いも、いまの思いとは多少なりとも違うだろう。キミもキミの彼女も、つねにかん化していて、同じふたりではありえない。だから「秘たちモ ド」の跡僚は、その瞬間の「私」と「私」の偶然の組み合わせでしかないし、過去のふたりは、もう取り震すことはできない。たとえ、航れたふたりが、もう一度よりを戻しても、かつての関係の完全な再現はできない。「恋愛」の保存は叶わないのだ。
そこで生まれた悲しみゃ怒りをどうしたらいいのか、ということだろう。ぼくも何度も経験があるけれどあれほどつらいことはない。
EC157_L

Comments are closed.