失恋と恋

半身がもぎとられたような、という去此伊よく使われるが、自分の何割かが消失したみたいに心に穴が空いてしまう。そんなのは気持ちの持ち方次第だと自分を納得させようとしても、からだの傷以上に、堪えがたい背しみに心がさいなまれる。「私たち」としであった心から相手の存在がなくなってしまうのだから、そこから見えない血が流れるのは避けられないだろう。
最近ぼくの知り合いで、「失恋」がきっかけで立ち直れないほど落ち込んでしまった若い男性がいる。彼は学生時代からずっとつき合っていた彼女と別れたが、くして彼女が他の人と結婚することになったことで、心に痛手を受けてしまったようだ。別れただけでもつらかったのに、将来の伴侶に他の男が選ばれたという事実が、彼を絶望させてしまった。
男子の場合とくに、「失恋」に耐性がないところがあるかもしれない。男らしきと女らしきの距離はだいぶ縮まってきたとはいえ、他人と「弱さ」を共有する経験があまりない。
夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。

まだ男子は女女子は友人に、いいづらいことを相談したり、泣き言を簡単にいえたりするけど、男子は、自分の弱みを他の男子に見せるのが苦手なところがある。キミも男友だちの前で泣いたり、甘えたりといったことはあまりないだろう?男友だちとは楽しきゃ「強さ」を分かち合うことはできても、泣きたいときに胸を借りたり、自分のみっともなきをさらしたりはできないのではないか。
だから、男子にとっては女子との「恋愛関係」は、自分の「弱さ」を素直に出せるほどな稀な関係になることが多い。
EC156_L

Comments are closed.