「恋愛」の目的

戦後、とくに一九六 0年代あたりから急速に性愛の規範がゆるんできて、前に性行為に及ぶことも増えてきたし、現在では女性のほうから積極的にアプローチするのも当たり前になった。あるいは、らセックスを行うというパターンだけでなく、互いのセックスがきっかけで、友情の延長線上に「恋愛関係」が生まれることもありえるようになった。
そうした状況に対して、最近の若者の性が乱れている、と非難してもしかたない。
何度も繰り返すように、性愛のありょうは、時代、あるいは社会によってさまざまだ。
結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

現在の「恋愛」が乱れているのではなく、そのようになっている、としかいいようがない面がある。
だから、キミがどのような「恋愛」をしても問題はない。古式ゆかしいやり方にのっとってつき合っていくのもいいし、からだの関係からはじまるようなことがあってはいけない、とはいわない。-,、-できることならセックスは中学、高校時代にはしないでおくにかぎる、というのがこの本のメッセージではある。しかし何が正しい「恋愛」かは、最終的には、キミ自身と、つき合う相手が考える事柄だろう。
ところで、「恋愛」の目的はどこにあるのだろうか。
かつてなら、結婚することによって「恋愛」は成就すると考えられてきた。しかし、最近では「恋愛」と結婚はどうも違うもののようだとみんな認識しはじめている。
ここで改めて、「恋愛」と結婚について述べよう。前に、「恋愛感情」の中には重要な要素として「ときめき」が入っているが、それは日々の繰り返しの中では色あせてしまうと話した。
EC159_L

「恋愛」は別れが最初からそこにプログラムされた物語

「失恋」は、キミの心の奥行きを広げる。自分の心の痛みを通じて、他の誰かが同じような思いをしていることを想像できるはずだ。大切にしていた人を失ったら、愛する人と過ごす時間がどれほどすばらしく、自分の日々を豊かにする経験なのか思い知るだろう。そうしたら、次に出会う人のことは、もっと大事にしようと思うし、自分がもっと釦されるように艇かがしなければならないとも考える。人は、そのように、孤独を知って初めて、他人との関係を編み上げていくことの意味を考えるし、宮することの重大さを心に深く野む。そう、配阪は人を大にする、といっていい。
夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→結婚相談所を比較 相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

これから、キミも、愛する人と別れることに打ちひしがれる経験を何度もするだろう。けれど、キミの心の傷が深ければ深いほど、それはキミがその人を真剣に愛したということだ。痛みはその証明であり、それに耐えることは、キミが次の「恋」に出会うための試練だろう。その苦しさは逃のがれようとせず、正面から受け止めてほしい。ぼくには、それしかいえない。
「恋愛」は別れが最初からそこにプログラムされた物語だ。しかし、「切なく」人の心を魅了する。それでも人は、別れに向かってゆめみ
のだ。あの奇跡のような瞬間を夢見て。
永遠に満たされぬ孤独の影に怯えながらいつか来る輝きを求め人は歩き続ける待復う悲しみもやり切れぬ矛盾もこの空に浮かぶ空しさも時聞が忘れさせてくれる
「恋愛」のやり方に正解はない
明治時代から昭和にかけては、ほうから見初めた相手に思いを打ち明けて、おもに男性の相手の了解を得て、デートを繰り返す。
ふたりの気持ちが高まれば、必っぷん手をつないだり、せいぜい控吻(キス) をするが、結婚まではセックスはしない。 思いがかたまったら婚約を交わし、そこで初めてセックスは経験するものだった。は、それがあるべきつき合いだとされていた
現在の日本人の六十代くらいまで。
EC160_L

恋愛」を通過する

少なからずの男子は、自分を聞き、癒しを求められる他人が郎知だけだったりする。そうすると、自分のふだん見せない部分をさらけ出した相手に、「失恋」という形でノ を突きつけられることは、自分の存在そのものを否定されたことにもつながりかねない。キミは、キミという人間自体がダメだと熔印を押されたように思ってしまうかもしれない。
ならば、どうしたら「失恋」の痛手を癒すことができるのか。そこから立ち直ることができるのか。それは、射し鮒ないけど、打つ手がないのだ。時が敏悦するしかない、蛮句だけど、本当に、時間の経過によって薄皮を重ねるように心の傷をふさいでいく
それが何年かかるのか、何カ月ですむのかはわからないけれど、傷口に効く薬だというのは、これはもう歴史の中で得られた教訓ともいえる。
もし、ここで→出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。

なぐさめたり、他の人と無理やりつき合って気持ちを変えようとしたり、友だちに一晩ひとばん中愚痴をこぼしてみたり、とりあえず誰かとセックスをして心の痛みを忘れようとしたり:::人は、こんなときはいろいろせずにはいられない。けれども、そうした行為は結局、気を紛らせることでしかない。「失恋」で空いた心の穴自体は、時間によってしか埋まらない。しかし、ぼくは、こうメッセージすることはできる。その経験はけっして無駄ではない、と。「恋人」を失ったことで、キミは孤独という感情を、文字づらではなく、からだで理解したはずだ。子供のときには家族の愛情に守られて、ぬくぬくと過ごしていられたが、大人になってくると、その幸せが外から与えられたものだったことがよくわかる。さらに「恋愛」を通過することで、「私」が本人は、当はひとりぼっちであることを痛感すつうかんる。親がいても友人がいても、しょせん、生きていくことは「私」の歩みでしかない。それがそんなにやすらかな営みではないことも、実感する。そして、そこで、誰かと支え合うことの必要性を感じるのだ。
029

失恋と恋

半身がもぎとられたような、という去此伊よく使われるが、自分の何割かが消失したみたいに心に穴が空いてしまう。そんなのは気持ちの持ち方次第だと自分を納得させようとしても、からだの傷以上に、堪えがたい背しみに心がさいなまれる。「私たち」としであった心から相手の存在がなくなってしまうのだから、そこから見えない血が流れるのは避けられないだろう。
最近ぼくの知り合いで、「失恋」がきっかけで立ち直れないほど落ち込んでしまった若い男性がいる。彼は学生時代からずっとつき合っていた彼女と別れたが、くして彼女が他の人と結婚することになったことで、心に痛手を受けてしまったようだ。別れただけでもつらかったのに、将来の伴侶に他の男が選ばれたという事実が、彼を絶望させてしまった。
男子の場合とくに、「失恋」に耐性がないところがあるかもしれない。男らしきと女らしきの距離はだいぶ縮まってきたとはいえ、他人と「弱さ」を共有する経験があまりない。
夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。

まだ男子は女女子は友人に、いいづらいことを相談したり、泣き言を簡単にいえたりするけど、男子は、自分の弱みを他の男子に見せるのが苦手なところがある。キミも男友だちの前で泣いたり、甘えたりといったことはあまりないだろう?男友だちとは楽しきゃ「強さ」を分かち合うことはできても、泣きたいときに胸を借りたり、自分のみっともなきをさらしたりはできないのではないか。
だから、男子にとっては女子との「恋愛関係」は、自分の「弱さ」を素直に出せるほどな稀な関係になることが多い。
EC156_L

多くの「恋愛」は「恋愛」ではなくなってしまう

多くの「恋愛」は「恋愛」ではなくなってしまうし、にちじよううしなに感じていたような「ときめき」は大方、日常の中で失われてしま
ゆえの緊張感は、もっとリラックスした心地よきに変質する陳腐ちんぷな安心感になり下がってしまう)。
結婚によってふたりの関係は続くけど、内実は変化してしまうのだ。的ではあるけど、変容するからこそ、ふたりの紳は維持され、その結びつきを強くするという面がある。結婚は「恋愛」を日常の中に着地させ、別のものとして定着させるのだ。そうでなければ、「私たちモ 」は安定しないし、毎日がお祭りだったら人は日常生活を営めないのだ。
さらにいえば、そのときの「恋愛」はそのときのものでしかない。
仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→ 素敵な出会いを見つけてください。

たとえ、関係」が続いていて、その高揚がキ!プされていたとしても、数年前のふたりはもうそこにいるふたりとは違う。過去のふたりはそのときのふたりでしかなく、そこにあった思いも、いまの思いとは多少なりとも違うだろう。キミもキミの彼女も、つねにかん化していて、同じふたりではありえない。だから「秘たちモ ド」の跡僚は、その瞬間の「私」と「私」の偶然の組み合わせでしかないし、過去のふたりは、もう取り震すことはできない。たとえ、航れたふたりが、もう一度よりを戻しても、かつての関係の完全な再現はできない。「恋愛」の保存は叶わないのだ。
そこで生まれた悲しみゃ怒りをどうしたらいいのか、ということだろう。ぼくも何度も経験があるけれどあれほどつらいことはない。
EC157_L

「恋心」は鮮度を保つのがむずかしい

「恋」のシーソーをする中で、「私たち」としてのバランスを保つ点を見つけだせたのが幸運なことであって、人はなかなか「私たち」を維持できないし、「私たち」になれない。それくらい人は「私」に秘管せざるをえない だ。「即日であることは、笹川庁ところ、「ね〕院外より「私」を優先させるということだろう。そもそも生きるという欲求には、他の生物を殺生してもそのエネルギーを自分に取り込んでいくような、利己的な面がふくまれている。現実に、人はこの社会で第一に自分の利益を追求していかなくては自立できない。だからこそ、めったなことではなしえない「自己犠牲」は、人々にたたえられるのだ。
だとしたら、そんな「私」に固執する人聞が、同様の他者と、「私たち」になるのがどれほど大変なことかわかるだろう。「私たちモ lド」はめったなことでは到達できない幸福である。同時に、小さな地震ひとつで土台が揺らぐような危うい状態なのだ.
魔法ほど強力なものはな人の心はうつろいやすい。
新しい出会いが結婚相談所 比較 で、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。

あるいは、相手のいやなところを知ることで、「好感」が「嫌悪」に一反転してしまうこともよくある。
「恋心」は鮮度を保つのがむずかしいし、ふとしたきっかけですぐ変色してしまうものだ。ゆえに、人は「恋愛」に「切なさ」を抱かずにはいられない。それはやがて終わつてしまうのだというあきらめにも似た思いが、その多帯感にい以っているときですら、悲しきゃさびしさを呼び込んでしまうのだ。それはどこか、桜の花を愛する気持ちと卸ている。「底」もそのはかなさこそが、自らを美しくしている。そして「恋宮」に別れが最初から折り込まれていることが、「恋心」を求めずにはいられないW来にしている。航れが決まっているからこそ、「お釣」は赤く山吹き誇るのである。
EC158_L

「恋愛」の内側の不安材料

女を強く結ぶ紳はたしかにあるが、しかしだからといって「私」が「私」でなくなってしまうわけではない。キミはキミだし、つまり、ふたりが違う人間であるという事実は消えない。そして違うということは、さまざまな好みを別にする部分もあれば、利害が対立する部分もあることを意味する。どんなに好きでも、相手の物の食べ方が気に入らないこともあれば、寝ているときのいびきが気になることもある。出かけたい場所の折り合いがつかないこともあれば、いっしょに遊ぶ友だちの選別に不満を持つこともあるだろう。
小さなひび割れが二戸の家屋を倒壊させることがあるように、徴妙なズレが、「私たち」という関係の根底をくつがえすことにもなりかねない。「私たちモそんな小さな亀裂をいっぱい抱えた意識のありようなのだ。
コミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、で相性がピッタリの相手と出会えば夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。

「恋愛」の内側に不安材料りょうは多いし、その外からもさまざまな力がかかってくる。
長くは続かない。長い人生からすれば、ほんの一瞬といっていいかもしれない。あとは、自分はこんなに好きなのに、相手がもう冷めてしまとか、相手の気持ちは盛り上がっているのに、自分はいまひとつ燃えなくなってしまったとか、情熱監査かはみんなわかっているけれど、「恋愛」の絶頂期、幸福期はそれほどのシーソーゲームはバランスを欠いた状態に陥ってしまう。「恋愛」ではより愛したほうが負け、ともいわれるとおり、相手の気持ちに確信を持てないほど追いかけてしまうしなって、してしまいがち。
EC159_L

「恋愛」は別かれとは切っても切れない

そういう痛みにも似た、けれどどこか甘く、胸の奥を刺激するような感覚が、「恋」「恋愛」を色やつけている。「切なさ」がないただの「恋愛」と呼ぶに「つき合い」は物足りないだろう。「恋」を「恋」らしくするスパイスだ。
「恋愛」にその影が濃厚なのはどういう理由なのだろう。
カレーをカレ lたらしめるタ メリックみたいに、友情に「切なさ」がないとはいわないけど、「恋」が報われなければ当然、悲しいし、さびしい。だけど、好きな人のことを思うとそれだけで夢心地にもなる。その痛みと心地よきがないまぜになった境地に、切なさ」はしみ出してくる。しかし、思いを告白して、相手も自分のことを気に入ってくれてつき合うことになったとしても、「切なさ」はかたわらにいつも存在している。彼女が自分を愛していてくれるのはわかっているのに、その胸の奥でうずく痛みは、どうしてか消えない。それは、心のどこかで「恋」が終わってしまうものだということを、みんな感じているからかもしれない。航れの予感。「恋愛」にはそれが常につきまとっているのだ。
コミュニケーションは大切です。←で、出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

歌手、中島みゆきの名曲「わかれうた」にこんな一節がある。
わかれはいつもついて来るそれが私わたしのクセなのかも幸固めせ覚ざのめ後れろぱを独 2つ「恋愛」といってもいいくらい、「恋愛」は別わかれとは切っても切れない。
互いが互いの「資源」を共有している感覚を得られるといったけど、それはいいかえると、「私」が、「私たち」として生きている幻想だろ
う「私」という自我を持っているが、「恋愛」の魔法がかかると、「私」「恋人」がいなくては「私」でないようなモそして「私たち」
(一日中そうなるわけではないにしても)。
EC160_L

「恋愛」がかもしだす気分に「切ない」とは

キミ自身は単なるいたずらや輿みほんい付いじばんかその内容によっては、味本位でメッセージを掲示板に書き込んだにすぎないとしても、子供であろうが処罰の対象になることがある。
まずはそのことを押さえた上で、具体的な注意事項をあげれば、「出会い系」り合っても、すぐに自分の情報のすべてを明らかにしたり、相手の身元がはっきりしないうちに、密室でふたりきりになったりするのは絶対に避けるべきだろう。相手が女性であっても、彼女が誰かとグルになって悪事をくわだてていないともかぎらない。
経験値を上げるにはまず相手がいないとね。ここ→から候補をたくさん探せるよ。

純情そうに見えた彼女の部屋に行ってみたら、突然、怖いお兄さんが出てきた、なんてことも冗談ではなくてありうるのだ。相手が何を考えているのか、どんな背景があって、わかるには、時間も手間もかかる。こうした出会いにおいては、実際何を考えている人なのかがよほどの慎重さと、人を見る目を求められる。しかし、もしその力がキミに身につけば、ネットは年齢的「恋愛」にとってこれ以上ないツ ルになる。それもまた事実なのだ。
まだ君を好きになるなんてこういう気持ちセツナイ と言-つんだろ? ’’
「恋愛」がかもしだす気分に「切ない」とは、胸がしめつけられるような気持ちのこと。誰かに片思いをしている「切なさ」がある。
ときに「切なさ」で胸がはちきれそうになるのはもちろんのこと、「恋人」ができて、ふたりの関係がうまくいっているときでさえ、人はその思いに浸る。さらに、その「恋」が遠い過去になって、それを思い出すときにも「切なさ」はよみがえってくる。
EC160_L

出会い系サイト

犯罪目的で、ネットを使って相手を呼び出したり、あとをつけたりといった事件も頻繁に起きている。そういう意味では、ネットを誰かと知り合うために利用する際は、油断ゆだんができない。
だから「出会い系サイト」は世間で評判が悪いのだけど、でも、あえていうならば、これはまだ人々がネットの機能を使いこなせるだけの知恵がついていないということではないか。不特定多数を対象とすることを心得て、用心深く見知らじ付んひんぬ人と知り合う技術を向上させれば、「出会い系サイト」はけっしてマイナスばかりではない。罪防、ぼくの知っているカップルやお献の中にも、それで出会った人たちは少なからずいるし、彼らはうまくいっている。「出会い系」だからまじめな人がいないとか、怖い出会いしかないとか、幸せになれないということはない。それどころか、ネットだからこそ、自分の力で、より自分に合った相手をさいぼうせい勾ん書んかんさっこいびと見つけられることもあるだろう。たとえば、「細胞性粘菌の観察を『恋人』といっしょにするのが一生の夢だ」という風変わりな男がいたとして!)、そんなめったにいない趣味の彼女を見つけることだって、ネットではできるかもしれない。
ガをするかもしれないからと包丁を使わないでおくのではもったいない。ケガをしないようにそれを利用できれば、日常生活は便利になる、わけだ。
出会いのチャンスはここにあります。→が、そこから先は自分で頑張らなきゃならない。ここを読んでいるあなたなら大丈夫。

大前提として、キミが十八歳未満なら、「出会い系サイト」は利用できない。これは法律によって定められている。実際、ネットの出会いで
大切なのは、そのツ ルをいかに使いこなすのか、ということ。
029